« スポーツセダン | トップページ | 4月1日から15歳以下の子どもには国保料の滞納があっても国民健康保険証が発行されます »

2009年2月27日 (金)

スポーツが教えるMagic Words

リサ・ステッグマイヤーさんのコラムより、一部そのままコピーさせていただきました。

以下コピー

◆◆◆◆  

ごめんなさい…

ありがとう…

お願いします…

最近、このような言葉を聞かなくなったような気がします。“ごめんなさい”、“すみません”は簡単な言葉なはずだけど、、、上手く使える人が減ったのかも。英語ではI’m sorry, Thank you, Please、、、。これらの言葉は“Magic Word”、そのものズバリ、魔法の言葉なのですが、子供の頃にママやパパの次に覚える…というか、母親が最初に教えるとっても大切な言葉です。

この言葉が自然に出るまで、“What do you say?”、“何て言うの?”と子供に何度も問いかけて覚えさせます。これさえ使えれば、たいていの問題は解決してしまうまさに魔法の言葉…。日本でも同じですよね。親が子供をしかる際、「ごめんなさい、は?!」と言うのは定番中の定番です。でも、大人になると何故か、中々出てこない言葉でもあるのです。意地やプライド、裏の利害関係を計算したりと、大人というのは何かとややこしい生き物です。

不思議です。

◆◆◆◆

以上コピー

「スポーツをやっているとMagic Wordsが自然に出るようになる」

とステッグマイヤーさん。

私も普段感じているのですが、スポーツをすることで

謙虚になれる、相手のことを思いやれる・・・

ごめんなさい、ありがとう、お願いします

これらはスポーツをする場所では必ず使う言葉です。

いろんなスポーツがあるけれど、何かずっと続けていけるスポーツを

見つけられればいいなと思います。

|

« スポーツセダン | トップページ | 4月1日から15歳以下の子どもには国保料の滞納があっても国民健康保険証が発行されます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133429/44189812

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツが教えるMagic Words:

« スポーツセダン | トップページ | 4月1日から15歳以下の子どもには国保料の滞納があっても国民健康保険証が発行されます »