« ルポのボディコーティング | トップページ | マウス腱鞘炎?その後 »

2005年10月31日 (月)

ジムニー アクリル窓の手入れ

アクリル窓の手入れと書きましたが、特別なことをしているわけではありません。

霧吹きで水を吹き付け、浮いた汚れ、ゴミをスポンジで吸い取るだけです。

現在装着している、ベストップ社の幌はこれで十分なようです。

購入から3年半経過していますが、窓の傷、黄ばみもなく

きれいな状態を保っています。

対して、純正幌は4年使用で、かなり黄ばみ、曇りが出て、

夜はかなり見づらい状況になっていました。

でも、気を付けなければいけないのはガソリンスタンドで給油してもらう時、

たいていの人は、ガラス窓だけ拭いて、アクリル窓は拭かないでくれるんだけど、

最近は、うっかりしているとアクリル窓まで拭かれてしまうことがあります。

ガラス窓を拭いた後の、汚れたタオルで。

今は、幌車も窓がガラスに変わってきているので、こういうことになるのかなあ。

それで、どうしてもセルフスタンドを利用することが多くなります。

|

« ルポのボディコーティング | トップページ | マウス腱鞘炎?その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133429/6789697

この記事へのトラックバック一覧です: ジムニー アクリル窓の手入れ:

« ルポのボディコーティング | トップページ | マウス腱鞘炎?その後 »